FC2ブログ
RSS

ぼやかせてもらいますよっ。。。

いろーんなところから、

お気の毒な話ばかり

耳に入る。。。






人間でも近親婚でなくっても、

生きてる限り

病気もする。。。

怪我もする。。。



どれだけ健康に気を付けていても。。。


ということは、

動物はみんな同じ。。。


お客様には、

「動物を飼うということ。。。」

から話始めなければならないなと、

思い直す今日この頃。。。






またまた

「犬の繁殖と育児がわかる」
愛犬の友編集部 編  

という本を

を、読み返す。。。





この本には、

「主な犬種データ」として、

イタリアングレイハウンドも掲載されていて、

日本のIG界を支え続けていらっしゃる

「石丸 悦子」先生が

筆を取っていらっしゃってて。。。

この本には、

本当にお世話になっています。。。




繁殖生理学や、

交配、妊娠、

出産、育児について、

科学的、

専門的にかつ分かりやすく書かれてて。。。






純血種とインブリードの深い関係について

優れた犬を繁殖するための考え方。。。


など、など、

インブリードの弊害(近交退化)や、

どこまでがインブリードと呼ぶのか、

アウトライン(異系統)の適正な導入が必要である。

ということとか書いてる。。。





難しいけど、

ちと書きますかね。。。

興味のない方には申し訳ないm(__)m




近親繁殖(インブリード)

①極近交配ーJKC 直系、傍系1代間、血統書発行停止

②系統繁殖ー3~5代間に同一の犬が2度以上編成されている場合(これがラインブリード)
(犬の繁殖は、この系統繁殖が主流)

★でも、通常のJKC血統書は3代までの記載なので、それ以降にも何回登場しているかわからない。。。
★JKCは申請すると4代血統書を発行可能

③近々繁殖ー直系、傍系4代祖間繁殖

④遠近繁殖ー5代または6代の祖先との繁殖


ここまでが、インブリードの定義。。。


では、アウトを入れる。。。の、
★アウト(異系繁殖)とは??

ー5代間に血縁がない交配

とあり、近交退化(生物学的不利点が起こる現状)を、

雑種強勢的効果目的として、

健全性の確保、

体格、体質の改善を目的になされる方法。

とあります。。。

「雑種強勢的」

ーこれは

ミックス犬は、強い!

と言われるのは、この効果のため。

弱い部分を淘汰する効果があると。。。


アウトって、5代間無血縁。。。






言えば、ラインブリードで、

同じ型を作り続けて、

必要なアウトラインを入れるってことは、

雑種を作ると同じ感覚と。。。



アウトを入れると遺伝テーブルが広くなってしまうから。。。ってやつ。

いろんな型が出る可能性がより高くなるわけです。



う~~~~ん。。。

命を作り出す責任として、

ほんと色んなことを考える。。。




ねぇ、牛子ちゃーん。。。




ショーを始めてくださるオーナー様も居る。。。


良い型のIGを作りたい思いは、

今もなお持ち続けてる。。。



でも、

健全性への拘りだけは、

棄てるわけには、行きませぬ!!


生き物ですもん、

どれだけそこに拘っても、

病気もするし、怪我もします。。。





気の毒な悲しい話を耳にするたびに、

責任の重さをひしひしと感じる今日この頃。。。




元産婦人科勤務、

長年分娩介助に携わり、

本来ならおめでたいことであるべきことが、

一瞬にして、そうでなくなる現場を幾度となく踏んできたからこそ。。。



その違いからなんだろうかね。。。


馬の血統について、

とても勉強した相方でもあるからなのか。。。

馬は、インブリードについて、

もっともっと厳しいですからね。。。








なぜか悲しい気持ちになるのは、

なんでだろ。。。





さぁ、パピンコたちも、

今週末には、ワクチン行くべかな~~






私のぼやきにお付き合いくださり、
有難うございました~m(__)mm(__)m

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村










































































関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

大塚凛々

Author:大塚凛々
京都府京丹波町でイタグレ専門ブリーダーをしています。
うちの大切な家族であるイタリアングレーハウンドの娘、息子たちのために、より良い環境を求めて平成27年に大阪から京都府京丹波町に移転しました。
100坪の運動場では、毎日遊び、自由に日光浴しています。
そんな環境下でのブリーディングです。
イタグレの素晴らしさを知って頂き、生涯愛育して下さるオーナー様を、お待ちしております。

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Web page translation