FC2ブログ
RSS

東京の獣医さんの元へ巣立ちました。。。(^^)

突然ではありますが。。。

太陽の子「心晴どん」

ご縁がありまして、

東京の獣医さんの元へ巣立ちました。。。😊






「え"~~~~っ❣❣❣❣」


と、

声を挙げられた方もいらっしゃるかと。。。😊



毎晩一緒にばぁばと寝ていた心晴。

パピーが産まれ、

寝ずの観察をするにあたり、

ハウスで寝てもらうようになり、

パピーも落ち着き、

もう一緒に眠れるようになったくらいから、

モナカさんの病魔悪化。。。


でも、

昨日は久しぶりに一緒の布団に入り、

休みました😊






9月にメールのやり取りを

させて頂いておりました😊



最近、

16年連れ添われた愛犬ボストンテリアを

亡くされ、

心の整理がつかないまんまなのですが。。。

とのことでした🍀



その時には、

次もボストンテリアさんになるかもしれませんが、

イタグレにも興味があって。。。

と、

イタグレについてのご質問でしたでしょうか。。。😊






ばぁばのいつものセリフ。。。

「また気になる子が居ましたら、

遠慮なくお問い合わせ下さい😊」

で締め括り、

うちは、

こちらから一切の営業を掛けませんので、

(問い合わせしてしまったら、
ここぞとばかりに、
営業掛けまくるブリーダーも居るらしいですが😊)

月日は流れておりました。。。😊




そして、

今月に入ってからご連絡を頂戴し、

やっぱりボステリにしようと思っていたところ、

導かれるようにうちのブログをご覧頂いたと。。。😊

すると、

可愛いパピンコがワラワラ載っていて、

「それを見て、胸が躍りました😆」

と仰って下さいました😊🍀🍀




それから

色々とお話をさせて頂き、

実は東京都内の獣医さんであること、

動物の保護的活動も

進んでされているということを

お聞きしました🍀🍀





そういったこともあり、

「小さなパピーでなくても構わない😊

成長観察されていたけれど、

ショーに出さないことになった子でも、

手に余る子でも

構いませんので。。。」

と、

とても有難いお話を頂戴しました🙇




ばぁばも、

「今のところ手に余るような子は

おりませんが、

健康で性格もよく、

自信を持ってお出し出来る子はおります😊」

と、

心晴どんと、葵をご紹介させて頂きました🍀




その頃には、

ばぁばがこの獣医さんに

思いを寄せ始めていました。。。🙈

(女医さんですょー💖)



診察台では、

神経質でいつもガタガタ震えているような

イタグレに興味を持って頂けたこと。


そして、

Mamの子だから

胸がときめいたと仰って頂けたことが

とても嬉しくて、

私たちなりに手を抜くことなく、

育ててきた二人をご紹介したわけです😊






ばぁばが思いを寄せはじめた理由は。。。


「関東で信頼出来る獣医さんが出来る❣❣❣」

と思ったからです😊

特殊なイタグレ、

医学的に見るイタグレ、

を知っていらっしゃる信頼出来るドクターが

都内にいらっしゃったら

最高ではありませんか😊🍀😊



有難いことに、

最近は関東方面のオーナー様が増え、

この子たちのどちらかが、

関東のイタグレ環境をより良くしてくれる

橋渡しをしてくれたなら、

本望だと思いました😊




A.H.でも、

いろんな方針をお持ちです。。。


じじばばは、

すぐに重篤な病気を口にし、

オーナーの不安を煽り、

本当に今必要なのかわからないような

高額な検査をすることに承諾を促し、

次の通院の確約、

患者の確保に必死なA.H.は、

大嫌いなんですね😊





重篤なように話されると心配になるので

じじばばでも言う通りの検査をし、

治療をしてしまいますよ💦





オーナーさまには、

何かあったら必ずフィードバックして欲しいと

お願いしているのでご報告頂くのですが、

こちらも、

パピー検診は、

あえて心配を煽るA.H.を選んで、

エコーまでして下さるところにお願いしていますので、

ご報告内容に「は??」

と思うこともあるわけです😊



もちろん、人間が診察するわけですから、

間違いが絶対にないと言えませんが、

フィラリアのお薬を貰いに行ったついでに、

心雑音があるやらなんやらと、

不安を煽られて連絡を頂戴するのは、

必ず関東のA.H.でなんですーーー😑




確かに都内となると地価も高く、

動物病院も沢山あり、

患者争奪戦も激しいかと思われる。。。😑


それは理解出来たりもしますが、

不安を煽るのはどーかなーっと思うのです😑



イタグレは、

スポーツ心臓を持っています。

走れる犬種でありながら、

それに対応した心臓を持ちながらにして、

胸幅がありませんので、

心臓は大きくレントゲンに写ります。


ということは、

ポンプ機能もすごいパワーを持っていますので、

例えば、

トイ系の小型犬と

まったく一緒に考えると間違いがあったりします。


不安を煽られたオーナーさんには、

必ずセカンドオピニオンをお願いするのです😊



でも、

そこでも同じ方針のA.H.に捕まったら、

本当に病気にされ、

死ぬまでクスリを飲まないとならなくなるわけで😊

血液検査でも、

イタグレの特性は数値に出ます。


セカンドオピニオンに行かれて、

「問題ナッシング✊

なにが心雑音?」

となったり。。。





獣医さんがイタグレを愛育されたなら、

自然にゆっくりとでも

医学的に見るイタグレを、

分かっていただけるのでは❣

と思ったのでした。。。😊🍀😊





心晴をお譲りした獣医さんのA.H.の方針は、

まさにじじばばが求めているもの、

そのものでした😊


(近くなら絶対に利用させて頂いてますわっ💨)


やはりそういう病院は、

患者数も半端ないそうです😅😅😅

(昨日も終わったのが、
午後11時過ぎだったそうです💦
本当にご苦労さまです🙏)





今は、

そのばぁばが感銘を受けた方針のことや、

どこのA.H.かは、

こちらでは伏せさせて頂きますが、

心晴も落ち着き、

そのオーナー様も心晴との生活に

慣れられた頃にでも。。。

と思っております😊🍀😊




「手に追えないと判断された時には、

いつでもお返しください😊」

とお伝えしておりますので、

甘えん坊心晴どんがホームシックに掛かり、

大変なことになるかもしれませんしね😆💦




本当に双方ともに、

落ち着かれた時にでも。。。😊🍀





毎日毎日、

「あー可愛い❣

あーーー別嬪ちゃん💖」

と親ばか炸裂させてくれた心晴に、

何十分の1に注がれる愛情でなく、

1:1の愛情を貰い、

家庭犬としての幸せを頂戴いたしました😊

😊🍀






心晴~~~、

お利口ちゃんにするのですょ。。。😊


いっぱい甘えさせてもらうんだょ。。。😊


ママを困らせるんじゃないょ。。。😊



そう祈り、送り出しました。。。🍀🍀🍀





嬉しいな。。。


「太陽の子・心晴」が、

使命を果たす日が来たようで。。。😊







あの人見知りママ犬りーの助が、

ちゃんとご挨拶しに行ったほどの、

優しいオーラをお持ちのオーナー様でした😊



あのリーの助が

自ら挨拶に寄っていくだなんて、

ある意味事件ですよっ😅😅😅



そして、

やはりここは獣医さん、

流行りの淡色系ブルーやフォーンよりも、

選ぶなら

シールやレッドのように、

健康的な濃いカラーだそうです😊🎶🎶



また、

ばぁばがいつも書く、

ろっ骨が浮き出たイタグレさんよりも、

ある程度脂肪を付けたイタグレさん!を

推進していることに関しても、

医学的にみても👌🏻🙆🏻👌🏻だと

お話してくださいました😊👍👍





夜泣きするかな。。。💧

するだろな。。。💧




東京のWさま、

この度は

心晴に素敵なご縁を本当に有難うございました🙇🙇🙇


出来るだけ💧
どうぞ末長く宜しくお願い致します🙏





今日も

素敵な一日となりました。。。😊🍀😊



感謝。。。🙏



有難うございました。。。🙏🙇🙏






ご覧頂きまして有難うございましたっU^ェ^U

IGブログランキングに登録しております(^^)
良かったら、
↓↓のうちの凛ちゃんをポチっ!とお願い致します (^ω^U)

ココ↓ココ↓ポチッと(σ^▽^)σ
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村

【出産★パピー情報】



あーでる&ヴェルメリオ
10/19無事に産まれました。

ブラックローズ&モコ
10/19無事に産まれました。

〒622-0214
京都府船井郡京丹波町蒲生蒲生野278-160
I.G.Mam.
大塚 桂子
09037048050

hazu.ki@ezweb.ne.jp












関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

大塚凛々

Author:大塚凛々
京都府京丹波町でイタグレ専門ブリーダーをしています。
うちの大切な家族であるイタリアングレーハウンドの娘、息子たちのために、より良い環境を求めて平成27年に大阪から京都府京丹波町に移転しました。
100坪の運動場では、毎日遊び、自由に日光浴しています。
そんな環境下でのブリーディングです。
イタグレの素晴らしさを知って頂き、生涯愛育して下さるオーナー様を、お待ちしております。

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Web page translation